キャデラックATSのApple CarPlay搭載モデルを発売

2015.12.14

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、キャデラックATSにApple CarPlayを標準搭載したキャデラックATSセダン・ラグジュアリー、同プレミアム、キャデラックATSクーペ・プレミアムの新3モデルを発表し、2016年1月9日から発売する。

今回の改良モデルでは、“Apple CarPlay” を日本市場でいち早く標準搭載し、Siri音声コマンドによる安全で充実したドライビングを実現した。

Apple CarPlayは、対応アプリをインパネ上のディスプレイに表示、Siri音声コマンドによりハンズフリーで視線をずらすことなく、電話、音楽、メッセージ等のiPhone機能とオーディオブック、PodcastといったiPhoneアプリケーションを操作できる。

また、Apple CarPlay対応の統合制御ナビゲーションシステムであるCUEも標準装備され、VICS 3メディア対応大容量(16GB)SDナビゲーション、地上デジタルTVを内蔵している。

これに加え、ATSに合わせてシステムアップした音響専用システム、Boseプレミアムサラウンド・サウンドシステムを装備。10個(クーペは12個)のプレミアム・スピーカーにより、Apple CarPlayの音楽再生時にコンサートホールにいるようなサウンドを楽しめるという。

パワートレインの変更点は、新しい8速オートマチックトランスミッションを採用したこと。これは、ギア間のステップを小さくすることで最適なエンジン回転数を保ち、素早いギアチェンジと加速を実現したもので、信号待ちなどの停車時に、エンジンを停止し、無駄な燃料消費を抑えるオートスタート/ストップ機能を搭載している。

エンジンはこれまで通り、276ps、41kg-mを発揮する2ℓ直噴ターボだ。

価格は、キャデラックATSセダン・ラグジュアリーが5,140,000円、同プレミアムが5,700,000円。キャデラックATSクーペ・プレミアムが5,800,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事