スズキ・ビターラ1.4 S

公開 : 2015.12.15 23:40  更新 : 2017.05.29 18:41

初見だとインテリアはチープな印象を受けるが(なにせ硬いプラスティックが多い)、それぞれの配置に統一感がある。それにスイッチやレバーの操作感がカチリと硬質であるため、動的質感もたかい。

重要なエルゴノミクスにも不満はなく、インフォテインメント・システムはとかく気持ちよく動作する。7.0インチのタッチスクリーンの反応は速く、メニュー・ボタンの配置には少しばかり慣れが必要だが、これも大きな問題ではない。

フロント・シートには調整可能なランバー・サポートがないのだが、すわり心地はとてもいい。フロントにはたっぷりとしたスペースが確保されており、筆者のように痩せて背が高い人間でも窮屈に感じない。

後席もまた広々としている。大柄のパッセンジャーでも問題はなさそう。さすがに両脇のパッセンジャーに挟まれて真ん中のシートに腰をおろすのはキツイが、それ以外で不満の声は聞こえてこないはずだ。荷室の形状/容量も好印象である。

■「買い」か?

筆者個人としてもスズキ・ビターラを買うことを決めた。それも1.4ブースタージェットを搭載したモデルとするだろう。Sトリムの価格はさすがに高いのだが、装備の内容と車体の完成度を考えると、1988年からのスモールSUVとしてのアイコンは健在だといえる。

(ジョン・ハウエル)

スズキ・ビターラ1.4 S

価格 £20,899(384万円)
最高速度 200km/h
0-100km/h加速 10.2秒
燃費 18.5km/ℓ
CO2排出量 127g/km
乾燥重量 1210kg
エンジン 直列4気筒1373ccターボ
最高出力 140ps/5500rpm
最大トルク 22.4kg-m/1500-4000rpm
ギアボックス 6速マニュアル


▶ 国内初試乗 / スズキSX4 S-CROSS
▶ 海外初試乗 / スズキ・ビターラ1.6 DDiS 4×4 プロトタイプ
▶ 海外初試乗 / マツダCX-3 Skyactiv-G 120 (日本未導入モデル)

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

スズキの人気画像

×