マツダCX-3を改良

2015.12.24

マツダはCX-3に商品改良を施し、12月24日より発売を開始する。

具体的には、エンジンのノック音を抑制するナチュラル・サウンド・スムーザーを全車に標準装備。フロント・ドア・ガラス板厚の変更とあわせ静粛性を向上させている。

また、ダンパーやスタビライザーの構造、電動パワー・ステアリング特性を緻密にチューニングし直し、操縦安定性を向上させながらも、より上質な乗り心地も追求したという。加えて、新たにDE精密過給制御という、軽負荷領域でのアクセル操作に対してクルマがリニアに反応するよう緻密なエンジン制御が採用された。

さらにXD Touring L Packageにはシックな黒革内装仕様を追加設定している。

価格は、2,376,000円から3,024,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース