アストン マーティン・ラゴンダ・タラフ

公開 : 2016.02.04 23:50  更新 : 2017.05.29 18:20

理性的というよりもエモーショナルなクルマ。リッチネスの究極。上流階級の極点。行き着く先は、ラゴンダ・タラフなのである。

■どんなクルマ?

スーパー・ラグジュアリー・クラスに属するサルーンの製作に取りかかったアストン。‘ラゴンダ’ の名をモデル名によみがえらせた。

生産台数は限定され、プライス・タグもまだ表にでていないが、ラゴンダという名を授かったモデルに、ゆくゆくは幅をもたせたいと考えている。

あわせて200台のタラフを製作するつもりはないと聞いているが、そのうち50台を今年の終わりまでに作るのだという。

最終的には150台程度で生産をストップ。地球上のどのサルーンよりもレアなサルーンの1台、という価値を加えたいようだ。

関連テーマ

 
最新試乗記