スズキ・アルト・ワークス

公開 : 2016.02.15 23:55  更新 : 2017.05.29 18:41

  • スポット溶接の増し打ち箇所は、開発陣がレイブロスのカチカチ君を付けては外し、走り込んで選定。

  • ハンドリング応答性を鑑み、ホイールはリム幅を広げた。タイヤはBSのポテンザRE050A。

ギアシフト以外にもターボRSからの変更点はある。エンジンはターボRSの98Nmから100Nm=10.2kg-mに最大トルクを高めた他、スロットルレスポンスを向上させた。コーナリングをシャープにするべく、サスペンションはKYB製ダンパーの立ち上がりの減衰力を高めた他、タイヤの横剛性を上げることを意図して、ホイールのリム幅を広げた。

バリエーションはMTに2WDと4WD、AGSに2WDと4WDの合計4モデルで、プライスは150万9840円から161万7840円の範囲にある。

■どんな感じ?

ノーズのWORKSガーニッシュやブラックペイントのホイールなど、専用装備でターボRSとの違いを強調するワークスだが、コクピットに収まってもターボRSとの違いが明確になる。前席にレカロのスポーツシートが標準装着されているのだ。

このシート、腰のあたりのホールドはさすがに良好だが、バックレストの上体のサポート部分の幅が狭く、肩のあたりが少々窮屈に感じられるのは僕だけだろうか。それと、こういうスポーティなモデルとしては、着座位置が高めなのも気になった。シート高に関しては、それを低めるパーツがすでにアフターマーケットに存在するという情報もあるので、高さが気になったユーザーは探してみるといいだろう。

走り出してみると、記憶にあるターボRSより踏み込んだ際のエンジンのピックアップが鋭く、加速も一段と迫力があるように感じる。とすれば、まさに開発陣の狙ったとおりの結果だが、箱根のワインディングを駆けるような場面では、軽のスポーツモデルとして充分な瞬発力を持っていると感じられた。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事