ベントレー・フライング・スパーV8にSモデル追加

公開 : 2016.02.18 22:20  更新 : 2017.06.01 01:37

ベントレーは、4ドア・セダンのドライバーズ・カー、フライング・スパーに、これまでのW12とV8の間を埋めるモデルとしてV8 Sを追加した。

エンジンは4.0ℓツインターボのV8で、パワーは通常のV8の507psよりも21psアップした528ps。トルクは69.4kg-mにスープアプされている。その結果、パフォーマンスは0-96km/h加速が4.6秒、最高速度は306km/hとなっている。

クルージング時には8気筒のうち4気筒を休止させるシリンダー・シャットダウン機構が与えられ、燃費は11.0km/ℓ、CO2排出量は245g/kmとなる。

駆動方式は4WDで、フロント40、リア60にトルクは分配される。

ドライビング・モードは “S” モードを備えたもので、このSモードにすると、シャープなスロットル・レスポンス、トランスミッションを制御した強力なエンジン・ブレーキなどが享受できる。また、サスペンション、ダンパー、電子制御のスタビリティ・コントロールもハンドリングを改善する方向でセットアップが変更されている。

外観は、黒いラジエーター・グリル、V8 Sのエンブレム、専用の踏み板、そして20インチ・ホイールが組み合わせられる。

一方、インテリアはピアノ・ブラックのベニアと3スポーク・スポーツ・ステアリングが装備される。また、前席、後席からコントロールできるタッチスクリーン・リモコンやインフォテインメント・システムも用意される。さらに、Wi-Fiホットスポットとのコネクティビティも確保されている。

スポーティな装備としては、ダーク・ティンテド・ヘッドランプおよびテール・ランプ、ブラック・グロス・ドア・ミラー・カバーが装備され、21インチの6スポーク・ホイールもオプションとして設定されている。

このフライング・スパーV8 Sのデリバリーは夏からの予定。価格はまだ発表されていない。なお、ワールド・プレミアは来月のジュネーブ・モーターショーを予定している。


▶ 特別企画 / ベントレーMY16モデルに乗る
▶ 海外ニュース / ベントレー・フライング・スパーV8

関連テーマ

人気テーマ