ボルボXC90 T6 AWD Inscription

公開 : 2016.02.22 23:50  更新 : 2017.05.29 19:08

■どんなクルマ?

XC90は、ボルボの最上級SUVだ。昨年12年ぶりのフル・モデルチェンジを受け、新型へと生まれ変わったが、それからほぼ1年間という時間を費やして、ようやく日本市場への導入が開始されることになった。

新型XC90の開発に、ボルボは1兆3000億円を超える投資を行った。それは、拡張性を持つ新世代プラットフォームのSPA=スケーラブル・プロダクトアーキテクチャーやパワートレーンなど、そのすべてを自社開発によるオールニューとするために必要とされたもの。かつてフォード・グループに属していたボルボには、それによるさまざまなメリットを得ながらも、一方では他社とシャシーやエンジンの共用を強いられるなどの制約があった。表現を変えるのならば、ボルボはXC90において、再び独立した自動車メーカーとしての開発体制を得たということになる。

SPAは、まさにその象徴的なアーキテクチャーだ。このXC90に始まり、S90、V90と、SPAの採用モデルは続々と誕生しているが、将来的には次期XC60、S60、V60といったミドル・クラスの各モデルも、このSPAを使用して開発される計画だ。ボディ・ストラクチャーも、高張力鋼を全体の約40%に使用することなどで、さらに軽量な設計となった。新型XC90のボディーサイズは、従来型からさらに拡大されているが、車重は120kgの軽量化を実現。それがさらに魅力的な走りを演出するために、大きく貢献していることは言うまでもない。サスペンションはフロントにダブル・ウィッシュボーン、リアには複合樹脂素材製のリーフ・スプリングを用いた、インテグラル・アーム・サスペンションとなり、オプションでは5つのドライブ・モードが用意されるエア・サスペンションを選択することも可能だ。

搭載されるエンジンは、ボルボが新世代パワートレーン戦略として、「DRIVE-E」の総称を掲げて開発した、こちらも完全自社開発の2ℓ直列4気筒シリーズだ。ボルボは将来的には、ガソリン、ディーゼルともに、このコンセプトに基づいて、エンジン排気量を2ℓ以下、そして気筒数は4気筒以下とする計画だが、それはこのXC90も例外ではない。

関連テーマ

 
最新試乗記

人気記事