シトロエンC3ピカソのウインター・テスト

公開 : 2016.03.10 22:40  更新 : 2021.03.05 21:44

第2世代となるシトロエンC3ピカソのウインター・テストが行われている。このC3ピカソは、C4ピカソ、C4カクタスと同様のデザイン・キューが用いられたモデルだ。

そのカモフラージュは非常に厚いが、丸みを帯びたデザインと、上下に分割されたヘッドランプなどの特徴は見て取れる。また、兄弟車となるヴォグゾール・メリーバのように短いボンネットと高いベルトラインというフォルムも明らかにされた。スリムなリア・ウインドーの下にマウントされるリア・ライト・デザインも解る。更に、ドア・パネルにはC4カクタスで採用されたエアバンプが採用されることになろう。

エンジンは未だ不明だが、69psの1.0ℓガソリン、81psと109psの1.2ℓガソリン、そして75ps、98ps、120psの1.6ℓブルーHDiディーゼルが搭載されると思われる。

プラットフォームは、PSAとGMが共同開発した新しいBセグメント・プラットフォームが使用される。これは、プジョー208やヴォグゾール・コルサにも使われるもの。

シトロエンは、C4カクタスがヒット作となったので、C4カクタスに使用されたエアバンプの採用を決めたようだ。しかし、現時点ではシトロエンは新しいC3ピカソについては一切明らかにしていない。恐らく9月のパリ・モーターショーで公開される予定だ。



▶ 海外初試乗 / シトロエンC3ピカソ 1.6 HDi エクスクルーシブ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事