VW、EVラリーカーを投入希望

公開 : 2016.03.16 22:20  更新 : 2017.06.01 01:35

フォルクスワーゲンはワールド・ラリー・チャンピオンシップとグローバル・ラリー・チャンピオンシップにおいてEVのマシンを投入し、技術力をアピールしたいようだ。ちなみに同社は558psを発揮する1.6ℓ4気筒エンジンを搭載したビートルにてラリークロスで戦っている最中である。

同社の技術部門のトップは「チャンピオンシップをEVで制するイメージができています。時間や距離を考えても電力は十分な競争力を有していると思います。それに4WDですから、実戦でも勝負になると思うのです。協会側が考えをシフトすればチャンスですね」と語る。

また、向こう2〜3年はWRCに出場し続けることを宣言した。2017年のレギュレーションに合わせた新型ポロの準備も整っているのだそうだ。「トヨタやシトロエンの参加に関係なく、われわれはチャンピオンを目指して戦うのみです」と意気込みを語った。

関連テーマ

人気テーマ