ブリヂストン、2016年のモータースポーツ活動計画を発表

2016.03.17

ブリヂストンは、2016年のモータースポーツ活動計画を発表した。

トップカテゴリーではスーパーGT、ニュルブルクリンク24時間レースにポテンザ・レーシングタイヤを、参加型モータースポーツではトヨタ・ガズー・レーシング86/BRZレースにポテンザRE05-DおよびRE-71R、ロードスター・パーティレースⅢなどに同じくRE-71Rを提供する。

また、北米のインディカー・シリーズには、ファイアストーン・ブランドとしてファイアホーク・レーシングタイヤを供給するとしている。

活動発表会見で登壇した消費財グローバルマーケティング戦略・モータースポーツ担当の東正浩執行役員は、「モータースポーツはブリヂストンが当事者となるプラットフォーム。レースというのはその場で結果が出るもの。それを通じて培われた経験が、より良い、より速い商品の開発につながっていく」と、活動への意気込みを語った。

会見後半には、スーパーGTで活躍する山本尚貴、大嶋和也、 全日本ロードレース選手権チャンピオンの中須賀克行をゲストに迎えたトークショーも開催された。山本は「スーパーGTのGT500ではタイヤが勝利へのカギとなる。ブリヂストンの強みは粘らせてグリップを出すこと。現場にいるブリヂストンのスタッフはとても信頼が置ける」と語った。

また、ニュルブルクリンク24時間に参戦する大嶋は「国内のサーキットならタイヤにもしものことがあっても、コースサイドに逃げられる。しかしニュルでは大クラッシュにつながる。その点、ブリヂストンのタイヤは安心してコースに出られる」と、レーサーならではの視点でタイヤへの信頼をコメントした。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×