アウディA6、A7スポーツバックがフェイスリフト

公開 : 2016.04.23 22:50  更新 : 2017.06.01 01:32

アウディはA6およびA7スポーツバックに、スタイリングの微調整、インテリアのアップグレード、装備の充実などの改善をしたフェイスリフトを施した。

A6、A6アバントは、通常のSEトリムを廃し、SEエグゼクティブ・トリムとした。はっきりとしたエア・インレットを備えた新しいデザインのフロント・エプロン、微調整された形状のディフューザーを備えるリデザインされたリア・パンパーなどが装備される。また標準ですべてのモデルにLEDインテリア・ライト、ヒーテッド・フロント・シート、電動ランバー・サポートが装備されるようになった。

A6およびA7には、アウディのスマートフォン・インターフェイスに加え、オプショナル・テクノロジー・パックとしてApple CarPlayとAndroid Autoも装備が可能だ。

Sラインとブラック・エディションは、マット・ブラックの囲みが与えられたラジエータ・グリルが装備され、RSモデルはナルド・グレーとセパン・ブルーという2つのマット・カラーが追加された。

新しいA6は£32,995(515万円)、A6アバントが£35,095(550万円)、A7スポーツバックが£64,380(1,030万円)からで、デリバリーは今年の夏からとなる予定。

関連テーマ