ロータス・エリーゼ・カップ250

公開 : 2016.05.03 23:50  更新 : 2017.05.29 19:24

最速にして、最高額のエリーゼが誕生した。シンプルかつ典型的な没入型のウェポンである。

■どんなクルマ?

ロータス・エリーゼ・カップ250は、どれほどサーキットにフォーカスしたクルマなのだろう?

まずはエアロがダイナミックなものになっているし、鍛造ホイールもゴージャスだ。ルーフさえオプションというのだから驚かされる。さすがに無償オプションではあるが、ロータスの固い決意のようなものを感じる。

細やかな部分はカップ220よりも、すべてが上回るように改良されている。なかでも注目すべくは、220が175/55のタイヤを履いているのに対し、250は195/50のヨコハマA048タイヤを履いている点だ。

ビルシュタインのダンパーをアイバッハのスプリングが巻き、フロントにはAPレーシング製のキャリパーがつく。フロントのアンチ・ロール・バーは調整可能だ。

ロータスのCEOであるジャン-マルク・ゲールの強い意思によって、エンジニアは極限まで軽くしようと試みた。その結果、ヘセルにあるライトウエイト・ラボラトリーにおいてダイエットが進められたのだ。

この成果もあり、リチウム・イオン・バッテリーは10kg軽くなった。カーボン・シートは6kg、ホイールは合計で1.5kgの軽量化に成功。涙ぐましい努力を目の当たりにすると、だらしない体型では乗れないだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×