BMW 2002をオマージュしたM2ベースのコンセプト・モデル

公開 : 2016.05.21 22:50  更新 : 2017.06.01 01:31

BMW 2002をオマージュしたM2をベースとしたコンパクト・クーペ・コンセプトが、明日から行われるコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステで公開される。

BMW 2002ターボがデビューして50年を記念して製作されるもので、シャーク・ノーズと呼ばれるショート・オーバーハングと、低い車高、そして長いホイールベースが特徴だ。また、エアロダイナミクスを最適化するために、フロントとリアの大きなスポイラーと、大型のエア・インテークを持つ。

オリジナルのシグネチャー・クローム・ストリップを反映させて、2002オマージュはショルダー・ラインを取り囲むようにカーボンファイバー製のバンドが入り、それでボディを上下に分割する。ルーフ、ボンネット、トランクなどを含むアッパー・ボディは艶消しにペイントされ、ロワ・ボディはホイール・アーチを含んで光沢のあるペイントがされる。

2002ターボの幅広いトレッドを再現するために、このコンセプトにもボルト留めされたエクステンションが付けられている。ホイールは20インチで、2色にペイントされ、ゴールドのキャリパーが組み合わせられる。

「丁度今から50年前に登場した2002はBMWの成功のスタートだった。このコンパクト・クーペが、今日のBMWブランドの礎を築き上げた1台だ。」と、BWMのデザイン責任者、エイドリアン・ヴァン・ホーイドンクは語った。

「2002はターボ・テクノロジーを採用して成功を収めた最初のクルマだった。純粋なスポーツカーをも脅かすクーペだった。また、2002ターボで開発されたターボ・テクノロジーは、当時の最先端技術でもあった。これらの業績を称える意味が、この2002オマージュにはある。」

2002オマージュのパフォーマンスは一切公表されていない。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×