ホンダ・アコードをマイナーチェンジ

2016.05.26

ホンダは、ハイブリッド・セダン、アコードの内外装を刷新するとともに、モーターの進化などの大幅な改良を加え、5月26日より発売を開始した。

新型アコードは、スイッチ式のエレクトリック・ギア・セレクターや、インライン・タイプのフルLEDヘッドライトの採用など内外装のリフレッシュと、新設計のモーターおよびバッテリーによって SPORT HYBRID i-MMDを小型・軽量化し、高出力・高トルク化を図った。また、ホンダ センシングも標準装備となった。

加えて、高度化光ビーコンを使用した信号情報活用運転支援システムに世界で初めて対応。交通信号のさまざまな情報を通信により取得して、メーター内に表示することで、より安全で円滑な走行をサポートする。この他、ホンダ・インターナビを標準装備、またApple CarPlayに新たに対応している。

ハイブリッドLXおよびハイブリッドEXの2グレード展開で、価格は3,850,000円から4,100,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース