アウディQ2 1.4 TFSI 150 Sトロニック

公開 : 2016.05.30 23:50  更新 : 2017.05.29 18:14

11月のローンチに先駆けて、われわれ一行はハバナにおもむき、新型Q2をテストすることにした。

■どんなクルマ?

最終的なサインオフを前に、マニュファクチャラーがわれわれを招き、運転させてくれるということは ―あくまでAUTOCARにとって、ということだが― 特に珍しいことではない。

というのも、そうすることで、どちらにもメリットがあるからだ。マニュファクチャラーは、開発時に見落としていたマイナーな部分のフィードバックを受けられるし、われわれも早い段階でクルマを知ることができる。

場所はたいてい、開発地から遠くはなれた場所だ。荒れた路面だったり、九十九折多き田舎道であったり……。今回のロケ地はハバナ。そう、キューバのハバナである。およそ10時間かけて、ロンドンから飛んだ。

ところで4年前、アウディがパリにて公開したクロス・レーン・コンセプトをご存知だろうか? 当時、‘99%完成している’ とアウディがいっていたこのコンセプトには、実はQ2との共通点が多かった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事