フィアット124スパイダー

公開 : 2016.06.08 23:40  更新 : 2017.05.29 18:51

ハンサムで乗っていて楽しいし双子の兄弟よりも少しだけ成熟しているが、思わず夢中になったり運動したあとの爽快感みたいなものを感じたりしない。

■どんなクルマ?

フィアットは10年以上の休養期間を経てオープン・エア・マーケットに戻ってきた。フィアットのオープン・モデルで記憶にあたらしいものといえば、バルケッタだったり、あるいはプントのカブリオレだから、その休養期間はかなりの長さだったといっていいだろう。

モデル名は124となった。ピニンファリーナが線を引いた60年代のビンテージ・モデル、124スポルト・スパイダーから譲り受けたものだ。

124スポルト・スパイダーといえば、シンプルな箱型ノッチバックから多くのコンポーネントを譲り受けたモデルだった一方で、最新モデルがマツダMX-5をベースとすることは、既にご存知の向きも多いだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記