アバルト124スパイダー・プロトタイプ

公開 : 2016.06.09 23:50  更新 : 2017.05.29 18:23

アバルト124は、標準モデルのライト・チューン版だと見なされがちだが、実際はそんなに簡単に説明できるクルマではなかった。

■どんなクルマ?

不可能。わたしはそう思う。フィアット124スパイダーのアバルト・バージョンに、驚き抜きで触れることは、わたしは不可能だと思っている。

フィアットの ‘お抱えチューナー’ は、いつだって最高の仕事をしてきたわけではないが、今回ばかりは、1:ライトウェイト、2:ライト・パワー、3:プレーン、という3拍子が揃っている。何かが起こりそうだ。

かねてより、今あるモデルを、よりよいものにするために戦ってきたアバルト。今回のテスト車も、標準モデルのわきで生産が進められたが、実態は、多くの部分が別物であるとフィアットは表現している。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記