日産GT-R、2013年モデル発表

2012.11.02

日産自動車は、日産GT-Rの2013年モデルを11月19日より発売する。

2013年モデルでは、本年度に参戦したニュルブルクリンク24時間レースからのフィードバックにより、動力性能をさらに進化させたのが特徴。具体的には、エンジンの中回転域のレスポンスや高回転域の伸びを向上させたことに加え、車体剛性を高め、スプリングやショックアブソーバー、フロントスタビライザーの仕様を変更などが挙げられる。

また、プレミアム・エディションにセミアニリン本革と専用内装色を採用したファッショナブルインテリアを設定している。

主な改良点は以下のとおり。

エンジンは、中回転域のレスポンスと高回転域での加速の伸びを向上。燃料噴射量を高精度に制御できる高出力用インジェクターの採用。ターボチャージャーの過給バイパスに専用開発したオリフィスを追加し、過給圧の急激な低下を抑制し、高回転域での加速を持続。オイルパンに特殊な構造のバッフルプレートを追加し、安定した油圧特性を実現すると共に、オイルパン内での回転フリクションを低減などが計られた。

シャシーは、タイヤやサスペンションのブッシュのたわみも考慮しロールセンターを下げるとともに、スプリングとショックアブソーバー、フロントスタビライザーの仕様を変更している。また、フロントサスペンションにキャンバー調整カムボルトを採用し、アライメントの調整精度を向上させ、あわせて整備性も向上させている。

ボディは、ダッシュパネルバー2ヵ所と、インストメンバー部にレインフォースを追加することで、サスペンション性能の向上に対応し、車体剛性を向上させている。

この他、ドライカーボン製リヤスポイラーとレイズ製アルミ軽量鍛造ホイールをセットでメーカーオプション設定(Black edition)。バックビューモニターを標準装備(Black edition、Premium edition)。シートバックの前倒し時の使い勝手を向上させるサイドノブを前席左右に装備(全車)などが行われている。

価格は、8,757,000円から15,168,300円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×