ランボルギーニ・ウラカンLP580-2

■どんなクルマ?

並みいる最新スーパーカーのなかにあって、ウラカンの最大の魅力は何か。それは、今となっては貴重な、大排気量自然吸気エンジンをミッドに積み、上質に仕立てられたオールマイティなスーパースポーツであること、に尽きる。

そこに加わったLP580-2は、さらに貴重というべきだろう。

何しろ、ミドシップ後輪駆動(RWD)で大排気量NAという昔ながらのコンセプトをもつ、最期のモデルとなったのだから。今やフェラーリのミドもターボの時代である。

RWDのウラカン。そのコンセプトはシンプルだ。

それゆえ、LP610-4からLP580-2への変更はすべて、後輪駆動をフルに楽しむために費やされた。なかでも、スタンダードタイヤを、全輪駆動(AWD)の30扁平20インチから、35扁平19インチへとインチダウンしている。このあたり、RWD専用アシまわりのセッティングと密接に関係するポイントだろう。

車名の数字がパワースペックだ。5.2ℓのデュアル噴射V10自然吸気エンジンの最高出力は、マイナス30馬力の580馬力に抑えられているように、一見、思える。LP610-4に比べて400万円以上ダウンという、じつに魅力的なLP580-2の価格戦略に正当な理由を与えるためとみてもいいが、実際には、AWDとは別個のドライビングファンを実現するための、積極的なパワーダウンと捉えた方がよさそうだ。

 
最新試乗記

人気記事