ルノー・メガーヌのサルーン・バージョンは来年デビュー

公開 : 2016.06.21 04:00  更新 : 2017.06.01 01:29

新しいルノー・メガーヌのサルーン・バージョンは、来年初めに限られたヨーロッパ市場で販売される予定だが、その最終テストがヨーロッパ本土で行われている。

われわれがキャッチした写真のテスト・モデルはかなり分厚いカモフラージュがされているが、メガーヌ・ハッチバックの後部分にトランス・スペースを与えたもので、そのテール・ランプもハッチバックのものと非常によく似ている。また、ひと回り大きなタリスマンのイメージも受け継がれているようだ。

フロント部分には変更がない模様で、ダッシュボードなどのキャビンにも変更はない。しかし、新たなリア・セクションは、傾斜したルーフのために、ハッチバックよりも若干狭くなるかもしれない。

エンジンもメガーヌ・ハッチバックと同じラインアップだと関係筋は語っている。従って、205psというパワーを持ち、27.0km/ℓの燃費をマークする4気筒ディーゼルも含まれることになろう。

このメガーヌ・サルーンは、タリスマン同様、英国での販売は計画されていない模様だ。



▶ 海外初試乗 / ルノー・メガーヌ・エナジーdCi 130
▶ 海外初試乗 / ルノー・メガーヌGT

関連テーマ

人気テーマ