第2世代のポルシェ・パナメーラの写真が流出

公開 : 2016.06.24 05:55  更新 : 2017.06.01 01:29

今年10月のパリ・モーターショーで公開が予定されている第2世代となるポルシェ・パナメーラの写真がSNS上でリークした。

この写真によれば、そのスタイリングは現行パナメーラを正常進化させたものであることが解る。また、そのフロント・スポイラーやエア・インテークの取り回しなどは718ボクスターの影響が見てとれる。

更に、流出したイメージでは、インテリアの様子も解る。インストメルト・クラスターの中は、2つに別れたスクリーンとその中央にアナログのレブカウンターが配置される。これらレブカウンター左右のスクリーンに映る情報は、ドライバーの好みによって変更が可能な模様で、そこにはナビゲーションやインフォテインメント・システムの情報も表示されることになると思われる。

また、リア・シートのイメージでは、専用のインフォテインメント・スクリーンといくつかのボタンを見ることができる。

ポルシェ・パナメーラはMSBプラットフォームの上に造らえたモデルで、RWDと4WD、2つの駆動方式を選択できる。エンジンは、V6とV8で、全てが刷新される予定。この写真にあるエンジンは、4.0ℓV8ターボのガソリンだ。また、引き続きパナメーラS Eハイブリッドも設定されることになるだろう。

ポルシェが、新しいパナメーラに関しては重量が大幅に削減が試みられたという。多くの新技術が採用されたにもかかわらず、ボディ・ウエイトは1800kgから1900kgの間にあるそうだ。因みに、現行のパナメーラはエントリー・レベルのモデルでも1845kgだ。



▶ 海外ニュース / 次期ポルシェ・パナメーラのティザー動画が公開
▶ 海外初試乗 / ポルシェ・パナメーラ・プロトタイプ(助手席インプレッション)
▶ 海外ニュース / 次世代ポルシェ・パナメーラはニュルブルクリンクでテスト中

関連テーマ

人気テーマ