株式会社SUBARUへの社名変更が正式決定

2016.06.28

富士重工業株式会社は、6月28日に、第85期定時株主総会を開催し、同総会において第2号議案として付議していた「定款一部変更の件(商号の変更)」が承認された。これにより、2017年4月1日をもって、社名を「株式会社SUBARU」(英文表記:SUBARU CORPORATION)に変更する。

スバルは、1917年に創設された飛行機研究所(後の中島飛行機株式会社)を源流とし、幾多の変遷を経て1953年に現在の富士重工業株式会社として設立された。その後、1958年発売の軽自動車、スバル360に端を発するスバル・ブランドの自動車事業を中心に、航空宇宙、産業機器などの各事業を発展させてきた。

今回、創業100周年の節目に、社名とブランド名の統一を実施することにより、現在取り組んでいる“スバル・ブランドを磨く”ことをさらに加速させ、スバルを自動車と航空宇宙事業における魅力あるグローバルブランドとして成長させていくという。

スバルでは、「このたびの社名変更を契機として、従来にも増して、経営理念である「“お客様第一”を基軸に『存在感と魅力ある企業』を目指す」ことに取り組み、長年培ってきた「安心と愉しさ」という固有の価値をお客様に提供し続けることで、さらなる持続的成長を目指してまいります。」とコメントしている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース