F-1 第18戦 アブダビGP

公開 : 2012.11.05 14:00  更新 : 2017.06.01 01:05

キミ・ライコネンがヤス・マリーナ・サーキットで開催されたアブダビ・グランプリで今季初優勝を飾った。それは2009年ベルギー・グランプリ以来の勝利となった。

レースはスタートからルイス・ハミルトンが好調なスタートを切り、ライコネンが2番手、マルドナド、ウェーバー、アロンソ、バトン、マッサの順。アロンソが1週目でウェーバーをパスして4位に浮上した。

20周目、トップのハミルトンがスローダウン。リタイアとなる。これによりライコネンがラップ・リーダー。2番手にはマルドナドをパスしたアロンソ、そしてマルドナド、ウェーバー、バトンの順。

38周目、ペレスがディ・レスタとグロージャンをパスしようとしたところ、クラッシュ。グロージャンはリタイア、ウェーバーもこのクラッシュに巻き込まれリタイアとなる。

このまま順調にトップをキープしたいライコネンだが、2番手のアロンソが終盤激しい追い上げを見せる。残り5周で2秒差、残り2周では1秒差まで迫るが、最後DRSゾーンを使うことはできず、そのままライコネンが逃げ切った。

2位にはアロンソ、3位にはピットスータトだったベッテルが入賞。以下、バトン、マルドナド、小林可夢偉、マッサ、セナ、ディ・レスタ、リチャルドの順でフィニッシュした。

ドライバーズ・ポイントは、ヴェッテルが255ポイント、アロンソが245ポイント、ライコネンが198ポイント。ウェーバーが167ポイント、ハミルトンが165ポイント、バトンが153ポイント。一方、コンストラクターズ・ポイントは、レッドブルが422ポイント、フェラーリが340ポイント、マクラーレンが318ポイント、ロータスが288ポイント、メルセデスが136ポイント、ザウバーが124ポイントとなっている。

1. キミ・ライコネン    ロータス・ルノー
2. フェルナンド・アロンソ フェラーリ
3. セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
4. ジェイソン・バトン   マクラーレン・メルセデス
5. パストール・マルドナド ウイリアムズ・ルノー
6. 小林可夢偉       ザウバー・フェラーリ
7. フェリッペ・マッサ   フェラーリ
8. ブルーノ・セナ     ウイリアムズ・ルノー
9. ポール・ディ・レスタ  フォースインディア・メルセデス
10. ダニエル・リチャルド  トロロッソ・フェラーリ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事