DS、ハイブリッドSUVとスーパーカーの導入を示唆

公開 : 2016.07.05 04:40  更新 : 2017.06.01 01:28

  • DS T-センス・コンセプト

2018年に一新されるモデル群のなかに、ガソリン・エンジンをベースとしたハイブリッド・モデルが含まれていることをDSは示唆している。

セールス&マーケティング・マネージャーのアルノー・リボーは “これから先、2年の間にSUVモデルの第2波が訪れる” とAUTOCARに語ってくれた。

第2波は、高級志向のマーケットにとって重要視されているB〜Dセグメントに属するとのことで、EVとハイブリッドの両方を考えているそうだ。

SUVとサルーンのうち、どちらを先に導入するかは語ってくれなかったが、急成長するSUVマーケットをよく見ていることは明らかのようだ。

SUVは、若く、アクティブでファッションに興味をもつ層をターゲットにしているとのことで、DSブランドとしても、これらの層の期待に応えられるという自信をもっているように感じる。

同時に「T-センス・コンセプトのようなパフォーマンス・モデルにも、かなりの興味を抱いています」とした上で「ハイブリッドとフル・エレクトリックのパフォーマンス・モデルを作りたいです。BMW i8のEVバージョンも見過ごせませんね」とのことだ。

DSは今後、主に高級ラインに的を絞った上で6台の新型車を導入予定であり、T-センス・コンセプトがデザインとパフォーマンスの両方でブランドを牽引する。


▶ モーターショー / DS T-センス・コンセプト
▶ 海外初試乗 / ディバインDSコンセプト
▶ 海外ニュース / シトロエン・ディバインDSコンセプト

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事