次世代のホンダCR-Vはより大型に豪華に

公開 : 2016.07.12 04:50  更新 : 2017.06.01 01:28

2017年のデビューを予定している次世代のホンダCR-Vのテストが行なわれている。ミッドサイズのSUVは、現行のCR-Vよりも大型化されプレミアムなモデルとなる予定だ。また、大型化に伴いスペースも拡大される。

この写真でもわかるとおり、テールランプをはじめスタイリングが一新される。現行の垂直なユニットは、より角ばった水平方向のデザインになると思われる。また、フロントは、より進歩的に改変される。

ホンダUKの責任者であるレオン・ブラナンは、新しいCR-Vが、ランドローバー・ディスカバリー・スポーツやボルボXC60といったよりプレミアムなモデルに対抗するべく、標準で4WDとなるほか、7シーターも設定されることになろうとコメントしている。

新しいCR-Vのインテリアは、タッチスクリーン式のインフォテインメント・システムをはじめHR-Vから流用されるファクターが大きいという。

エンジンは、120psの1.6ℓディーゼルと。130psの1.5ℓガソリンがラインナップされる予定。

なお、新しいCR-Vはカナダで生産されることになる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事