メルセデスGクラスの2018モデルをキャッチ

公開 : 2016.07.14 04:40  更新 : 2017.06.01 01:28

メルセデス・ベンツGクラスの2018年モデルのプロトタイプを写した最新写真からは、内外装のマイナーな変更と、左右の幅の大型化がなされることが予想できる。

別名ゲレンデとも呼ばれるGクラスは、これまでのモデルと同様にボクシーな外観を引き継ぐことは明らかであり、フレーム・シャシーとライブ・アクスルもそのまま使用するのではないかと思われる。

トップ写真を含む、上から3枚目の画像を見ると、奥に停まっている現行型よりもフェンダーが大きくなっていることがわかる。これは内装スペースの大型化が目的ではないかと見ることもできる。

また、V8やV12エンジンこそ既存のままであるかもしれないが、G350dに使用される6気筒ブルーテック・ユニットは、現行Eクラスが使用するものをシェアする可能性は十分にある。

現行Eクラスが使用するのは、3.0ℓ6気筒ディーゼル・ユニットであり、258psと63.2kg-mを発揮。Gクラスの現行ディーゼル・ユニットよりも12psと1.9kg-mパワフルだということになる。

これら以外は大きな変化はないだろう。というのも、1979年の初代以来、外観が大きく変わらないことが、Gクラスのアイデンティティであるからだ。パブリック・デビューは来年の終盤だと予想される。


▶ 海外ニュース / メルセデス・ベンツ、最後のSUVラインナップとなるGLBを開発中
▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツG500 4×4²

関連テーマ