小型版ポルシェ・パナメーラ、いよいよテストへ

公開 : 2016.07.28 04:40  更新 : 2017.06.01 01:27

‘パジュン’ なるモデル名になるのでは? と言われているポルシェ・パナメーラの小型版をキャッチした。

写真からは、パナメーラよりも短いホイールベースを採用していることがわかる。サイズとしては、マセラティ・ギブリがライバルになりそうである。

パナメーラは4ドア・リフトバックであるのに対し、小型パナメーラは5ドア・クーペとなる可能性が高い。

アウディA6とパーツを共有することが以前よりレポートされており、ならばエンジンはV6のガソリンとディーゼルの2車種になるのではないかと言われている。

したがって500psオーバーのエンジンを搭載したトップ・モデルが用意される可能性も十分にある。

駆動方式は2WDと4WDになるのではないか。

実際にテストが行われているにもかかわらず、小型版パナメーラに関してポルシェは固く口を閉ざしている。

一方のライバル・メーカーは、このサイズのクルマの投入に興味津々のようである。


▶ 海外ニュース / ポルシェ・パジュンのEVおよび水素燃料電池モデルを計画
▶ 海外ニュース / ポルシェ、BWM 5シリーズのライバルを計画

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事