トヨタ、米ケンタッキー工場から韓国へヴェンザを輸出

2012.11.15

トヨタ自動車は、米国トヨタ・モーター・マニュファクチュアリング・ケンタッキーで生産しているクロスオーバーSUV、ヴェンザを、先月より韓国に輸出を開始したことを発表した。輸出台数は、年間600台を予定している。

昨年より、韓国には既にトヨタ・モーター・マニュファクチュアリング・インディアナ製シエナと、トヨタ・モーター・マニュファクチュアリング・ケンタッキー製カムリ、カムリハイブリッドを導入しており、今回、新たにヴェンザを追加することとした。

米国生産車の輸出は1988年に開始し、現在の輸出先は、カナダ、メキシコをはじめ21カ国・地域に及んでいる。昨年の輸出台数は約8万5千台、本年は約13万台を越える見込みだという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事