オペル・アンペラ-e、パリでデビュー

2016.08.26

オペルは来月に行なわれるパリ・モーターショーでアンペラ-eをワールド・プレミアする。

このアンペラ-eは、シボレー・ボルトのリバッジ・モデルだが、右ハンドルのヴォグゾール・バージョンは生産されないこととなっている。

オペルが公表した数値によれば、アンペラ-eは、0-50km/h加速が3.2秒で、オペルやヴォグゾールのパフォーマンス・モデルと十二分に対抗できるスペックを持つとされる。また、最高速度も150km/hをマークする。

搭載されるモーターは204ps、36.8kg-mで、80-120km/hの追い越し加速は4.5秒という。

正確な航続距離はアナウンスされていないが、オペルによれば大部分のEVよりもかなり長い距離を走ることが可能だという。ちなみに、兄弟車のシボレー・ボルトは、320km以上の航続距離を持つ。

アンペラ-eは、レンジエクステンダーなどを持たない純粋なEVだ。その詳細については、来月のパリ・モーターショーで明かされる予定だ。



▶ 海外ニュース / EVモデル、オペル・アンペラeを2017年にリリース

 

人気記事