セアト・アテカにクプラ・バージョンを計画

公開 : 2016.08.26 04:20  更新 : 2017.06.01 00:44

セアトはSUVモデル、アテカにホット・バージョンであるクプラを2017年に追加する計画でいる。スタンダードなアテカは既に発売中だが、2020年には、より小型のSUVと、より大型の7シーターのSUVにバトンタッチすることになっている。

にも関わらずセアトは、クプラ・ブランドの拡大のためにアテカにもクプラ・バージョンを追加するというのだ。

既にアテカはセアトで最も販売されているモデルとなっている。また、その£35,000(460万円)からという価格だが、もちろんアテカ・クプラは、アテカでも最も高価なモデルとなる。

情報筋によれば、レオン・クプラに使用される290psの2.0ℓ4気筒ターボが搭載される予定で、これはフォルクスワーゲン・ゴルフRと同じ出力となる。予想ではアテカ・クプラの0-100km/h加速タイムは6.5秒だ。

パリ・モーターショーでデビューする予定だが、余談を許さない状況にもある。というのも、アテカはバックオーダーをかなり抱えており、すぐにクプラのようなバージョンを追加する必要に迫られていないからだ。そのため、デビューは2017年後半になるとも言われている。



▶ 海外初試乗 / セアト・アテカ2.0 TDI 190 4ドライブ
▶ 海外ニュース / セアト・アテカ2.0 TDI 150 4ドライブ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事