第5世代のランドローバー・ディスカバリーを初公開

公開 : 2016.09.06 04:55  更新 : 2017.06.01 00:41

ジャガー・ランドローバーは、来月開催されるパリ・モーターショーでワールド・プレミアを予定している第5世代のランドローバー・ディスカバリーの画像を公開した。

このディスカバリーは7シーターのフルサイズSUVで、アルミニウム・アーキテクチャーを採用することによって、現行モデルよりもかなりの軽量化が図られているものと思わる。

エンジンは、英国およびヨーロッパ市場向けには、レンジローバー、レンジローバー・スポーツ、そして現行のディスカバリーにも使用されている3.0ℓSD V6がメインストリームとなる。また、インジニウム・エンジン搭載の可能性も、モデル末期にはあると思われるが、それは現行の4気筒エンジンにマイルド・ハイブリッド、またはモジュラー・エンジンのテクノロジーが進めば、V6という選択になろう。

ランドローバーのチーフ・デザイン・オフィサーのゲーリー・マクガバンは、「新型ディスカバリーは、ラージSUVを再定義するモデルになります。ランドローバーのデザイン・チームとエンジニアリング・チームは、羨望のまなざしを受けるようなデザイン、究極の多用途性を有する高性能なプレミアムSUVを開発するために、ディスカバリーのDNAに変革をもたらしました。」とコメントしている。



▶ 海外ニュース / ディスカバリーの2017年モデルがニュルでテスト開始