開発中のミドシップ・コルベット、FRコルベットと写真で比較

公開 : 2016.09.14 04:45  更新 : 2017.06.01 00:41

再び現れたシボレー・コルベットC8のテスト車両は、間違いなくミドシップ・スーパーカーのシルエットになっていることを確認できた。

最新のスパイショットではコルベットC7のエクステリアに近いものが架装されている。

リアに2つのサポートバーを持ち、フラットなセンター・セクションが与えられるなど、そのエンジン・マウントの位置がこれまでのフロントからミドシップに変更されていることを伺わせる。

一部ではミドシップ・コルベットは2008年に開発の話が上がったものの、リーマン・ショックの影響でお蔵入りになった経緯がある。しかし、関係筋によれば、その計画が再浮上してきたのだという。

エンジンは、厳しいエミッション規制をクリアするために、V6ターボが使用され、一部のトップ・モデルにのみV8が搭載されることになろう。

また、重量削減のために、アルミニウムの使用量が大幅にアップする予定だという。

このテスト車両が示すように、コルベットC8はまだまだ開発の初期段階である。リリースは2018年のノース・アメリカン・インターナショナル・モーターショーで、販売は2019年からスタートする計画だ。


▶海外ニュース / 最後のFRコルベットとなる2017年型ZR1