日産セレナ・ハイウェイスターG

公開 : 2016.09.17 05:40  更新 : 2021.01.30 21:50

  • PILOTボタン(青字)を押す。希望の車速まで上げSETを押す。これで部分自動運転が始まる。

  • 日産はマイルド・ハイブリッド方式。エンジンルームにすべて収まるのが長所だ。

プラットフォームは先代改良型ながらも、ボディ局部剛性アップやダンパーの改良などで、静粛性や乗り心地、姿勢変化の穏やかさ……などの進化は明らか。定評のあった視界性能もさらに向上している。

操縦性はホンダほど俊敏でなく、絶対的な姿勢変化はトヨタより大きい気もするが、全体にゆったりとした挙動で統一されており、ほどよいロールやピッチングで角が立ったところがないのが、新型セレナの利点だろう。いずれにしても微妙な差ではあるが、セレナの総合的な快適性や運転のしやすさは、やはりセグメント最新だけのことはある。

ただ、パワートレインはトヨタのフル・ハイブリッドやホンダ1.5ℓターボより力感不足なのは否めない。もともと騒々しいタイプであるうえに、アクセル開度も大きくなりがちで、静かなロードノイズが相殺されている感はある。

また、プロパイロットによるクルーズコントロールも、この価格帯のACCと考えれば制御自体のレベルもまあ及第点。まがりなりにも、(10km/h以下の)自動運転を日本で初めて実用化した……という点でも、その技術レベルと意気込みは買いたい。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記
×