ボルボV90クロスカントリーをアンヴェール

公開 : 2016.09.16 04:50  更新 : 2017.06.01 00:41

丁度ボルボV70XCがデビューして20年後の9月15日、スウェーデンでボルボV90クロスカントリーが公開された。このV90クロスカントリーは、V90をベースに、広範囲に亘るシャシー・チューニングが施されたモデルだ。

AWDモデルのシャシーは65mmほど高くされ、ホイール及びタイヤの直径もノーマルのV90よりも42mmほど大きくされている。また、トレッドは、フロントが40mm、リアが20mm拡大されている。

ビークル・ダイナミクスの責任者、ステファノ・カールソンによれば、約200のセットアップが、ボルボの最新のドライビング・シミュレーターによってテストされたという。

ラフロードを含むあらゆる路面に対応すべく、コンフォート、エコ、ダイナミックという3つのドライビング・モードが提供され、ヒル・デセンド・コントロールも標準で装備される。

リア・サスペンションはエアサスがオプションで装備されるが、すべてのV90クロスカントリーに専用のタイヤが装着される。このタイヤは平坦な路面での乗り心地と、ラフロードでのグリップを両立させたものだ。

リサーチ&デベロップメントの責任者、ピーター・マーテンスは、「われわれはクロスカントリー・コンセプトの持つテイストを、スタイリングだけではなく、すべてに反映させるように注意深い作業を行った。」とし、デザイン責任者のトーマス・インゲンラートは、「V90クロスカントリーは、故意に優雅で洗練されている感じを出し、以前のV70XCのようなラフさを無くした。」と語っている。

V90クロスカントリーは、今年の後半から販売がスタートする予定。エンジンは、英国仕様はD4とD5になろう。

ボルボは、標準のV90を30,000台、クロスカントリーを20,0000台販売する計画だ。



▶ 海外ニュース / ボルボ、V90クロスカントリーの新たなティザーを発表