ボルボへの影響は? 親会社のジーリーが欧州で新ブランド立ち上げ

公開 : 2016.10.06 04:50  更新 : 2017.06.01 00:35

中国の自動車メーカーのジーリーが、Lynk&Coという新ブランドを、10月20日に欧州で立ち上げる。

ボルボ、ロンドン・タクシー・カンパニーを参加におさめるジーリーは、Lynk&Coのファースト・プロダクションと思われるティーザーを公開した。

そのモデルはSUVと考えられ、以前われわれがキャッチした写真がその開発車両のようだ。このモデルはカーシェアリング事業の一部を担うと思われる。

ボルボのアラン・フィッサー上級副社長は公式リリースのなかで、「ジーリーの新ブランドは世界中のモビリティという概念を覆すものだ」と語り、それが従来のカーメーカーと一線を画していることを仄めかしている。

Lynk&Coのファースト・プロダクション

Lynk&Coのファースト・モデルは、これまでキャッチされた写真より、ボルボのモデルと関連性が高いことが分かっている。ジーリーは、コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ(CMA)という新プラットフォームをボルボと協業で開発しており、このアーキテクチャは来年初頭に登場するボルボXC40とLynk&CoのSUVに採用される。

写真の開発車両は偽装を施されているが、ボルボの元デザイナーであるピーター・ホルベリーの作であることが分かっており、ヨーロピアン・ルックを与えられている。なお、彼は現在ジーリーのデザイン部門の上級副社長を任せられている。

なおLynk&CoのSUVは、3気筒ターボ・ユニットをパワートレインのひとつとして考えている。これはボルボと共同開発を行ったもので、両ブランドで使用することが分かっている。


▶海外ニュース / ジーリー・コンパクトSUVをヨーロッパで発売

 

人気記事