アストン マーティンDB11 vs ベントレー・コンチネンタルGTスピード

公開 : 2016.10.18 05:50  更新 : 2017.05.29 19:29

スタート・アップさせた際の音はDB11のほうが大きい。ただDB9にくらべるとDB11のほうが静かだ。あまり気分が高まらないという意見も聞こえてきそうだが、ご近所のことを考えるとDB11のほうがよい。

音質はコンチネンタルGTスピードよりもDB11のほうが重層的で、12気筒エンジンを搭載しているな、と思わせてくれる。ターボ加給が施されていることは微塵も感じさせない。

走りだす前に数値データを見ると、やはりコンチネンタルGTスピードの車重に目が行ってしまうが、コンチネンタルGTスピードはとてつもないレベルのトラクションで車体を前に突きだす。強烈だ。

一方のDB11は、繊細な音でわたしを楽しませてくれる。低回転域のスロットル・レスポンスこそややグズついているが、それ以上の回転域だとターボ・ラグは一切ない。フェラーリ488GTBを思いだす。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事