ヒュンダイi20ターボ・エディション

公開 : 2016.10.20 05:30  更新 : 2021.03.05 21:38

標準装備の充実ぶりは評価したいが、動的性能に関しては好意的とは言いがたい。

■どんなクルマ?

かつて、モデル名に「ターボ」が入る場合、それはかなりパワフルな特別なモデルを意味した。ルノー5ターボを思いだせば、理解できるはずだ。

度を越したオーバーステア、悩ましいほどのターボ・ラグ、お話にならない経済性など、すべてを含め「ターボ」はクールだったのである。

ただ、このi20ターボがそうであるように、こんにちの「ターボ」というワードがつくクルマは、小さくした排気量をいかにして克服するか? という目的を果すことが大前提である。

言い換えると、i20ターボが大切にするのは速さではない。それよりもブルートゥース、DABラジオ、クルーズ・コントロール、レザー巻きのステアリングなどの標準の装備のほうが重要なのだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事