グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3

公開 : 2016.10.29 05:10  更新 : 2016.10.29 13:07

  • FSWショートコースを舞台に、レクサスIS250にタイヤを履かせてテストを実施した。

  • 新製品のアシメトリック3。新粘性レジンにより細かな凹凸のある路面にもぴたりとグリップする。

  • 開発エンジニアのミカエル・シャッサンは「ウエット性能が従来型より大きく向上」と太鼓判。

未発売タイヤのテストに参加してきた。グッドイヤーのフラッグシップ、イーグルF1アシメトリック3を、ドライとウエットで試す。

グッドイヤーのスポーツタイヤはレース用も含めて「イーグル」と命名されている。一般公道用はイーグルF1として有名だが、トレッドパターンのデザインが非対称であることを意味する、アシメトリック2が現行品として用意されている。

新製品はイーグルF1アシメトリック3として2017年2月に発売を予定している。この新商品を、富士スピードウエイのショートコースと、限られた状況ではあったが、ウエット路面も用意されて、その違いを確認することができた。

まずはアシメトリック2で走行。パイロンスラロームをステアリング操作に忠実でスムーズにクリアして行く。コーナーの進入から脱出まで全面ウエットの路面では進入のブレーキングは優れていて、旋回=コーナリングも開始と同時に思い描いた通りにノーズはインを向く。

これで十分にいいではないか!? と思い次の周はより高い速度で進入する。と、ブレーキングからABSが介入。つまりブレーキロックが早期に始まり減速し切れずにコーナリングが始まる。ステア操作に対しても舵角が当った前輪が滑りながら外へ膨らむアンダーステア傾向で、ブレーキを踏み増す必要に迫られた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×