ヴォグゾール・インシグニア・プロトタイプ

公開 : 2016.10.27 05:40  更新 : 2017.05.29 18:29

新世代のヴォグゾール・インシグニアはとてもいい。乗って(およそ)好印象。見て(おそらく)好印象だ。

■どんなクルマ?

ヴォグゾール・インシグニアは、つねに英国の道でよい結果を残してきた。英国では、ほかの国の2倍売れていることが、その実力を物語っている。

今回試すのは、その次世代版。プロトタイプではあるが、今後のインシグニアの行く末を占うには絶好のチャンスだといえるだろう。

ライバルはプジョー407やフォード・モンデオであったが、このモデルからはアウディA4やBMW 3シリーズ、メルセデス・ベンツCクラスも視野に入っている。

4897mmの全長は、先代から55mm伸びていることになる。つまり、メルセデス・ベンツEクラスやアウディA6のテリトリーに入ることにもなるのだ。車重はホワイトボディの状態で59kg軽くなっている。

■どんな感じ?

まずは1.5ℓのガソリン(165ps)から。以前よりも排気量は小さくなったが、これを「ダウンサイジング」と呼ばずに「ライトサイジング」と呼ぶのは、どこかのメーカーと同じ手法である。

もちろんディーゼルが大部分を占めることはヴォグゾールも予想済みだが、ガソリン・エンジンが勢いを増していることもヴォグゾールはわかっている(いうまでもなくVWのスキャンダルが原因だ)。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事