フォード・ヨーロッパ、スモール・クーペ計画は頓挫

公開 : 2012.11.28 11:20  更新 : 2017.06.01 01:21

フォード・ヨーロッパは、マスタングの下のクラスとなる新しいクーペを計画していた。しかし、このプロジェクトは現在の世界的不況のもと、ペンディング状態になっている。

そのデザインは、”one Ford”のコンセプトに基づいて行われたと、フォードのボス、アラン・マラーリーはコメントした。しかし、このようなスペシャリティ・モデルを、現在の状況下で市場に出すのは危険だと判断したようだ。

次のマスタングもグローバル・マーケット向けに開発されているが、EUで売れるかどうかはそのサイズと価格にかかっているとフォード・ヨーロッパは考えている。しかし、クーペの市場が、どのようなサイズ、価格、パフォーマンスを求めているかは明らかでないともいう。クーペが、その収益性において危険なモデルである現在の状態では、全体的なボリュームは低く、短命なモデルとなってしまう可能性が高いという。

フォードの中では、MPVやSUVでのセクシーなクルマを生み出すほうが、重要な項目となっている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事