スコダ・スパーブ2.0TSIスポーツライン

公開 : 2016.11.10 05:40  更新 : 2017.05.29 18:39

スコダ・スパーブに追加されたスポーツライン仕様は、ベース車の洗練された乗り心地やハンドリングはそのままに、魅力的な追加装備で強く自己主張する。

■どんなクルマ?

スコダはVW傘下にあるチェコのメーカー。スパーブはその旗艦モデルだ。5ドア・ハッチバックと、コンビと呼ばれるワゴンがあり、150ps仕様をはじめ全16モデルをラインナップするが、そのすべてにスポーツラインと銘打った新グレードが設定された。今回のテスト車は、280psの2.0ℓ直4ターボと6段DSGを搭載する4WDモデルだ。

エクステリアには専用バンパーやグロスブラックのインサート、インテリアには専用シートやカーボン調トリムを備える。メカニズムでは車高が15mm下がるサスペンションと19インチのタイヤ/ホイール、電子制御ディファレンシャルを装備。価格は、最上級グレードのラウリン&クレメントより£2,000(25万円)ほど安い。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事