ベストドライバーズカー選手権2016 / サーキット編

公開 : 2016.11.23 05:50  更新 : 2017.05.29 18:21

サーキット・テスト

今回、日程は3日間だが、うち1日は撮影に充てられるため、テストは2日間で行う。初日の公道テストを終え、続くはサーキットに舞台を移してのテストだ。

スケジュールに余裕はない。

風光明媚なアングルシー・サーキットで、まずコースに連れ出したのはフォード・フォーカスRSだ。今回の顔ぶれにあっては非力な350psで四輪を駆動するこのクルマは、公道テストでは残念な順位となったが、サーキットでの走りはホットだった。

ドリフト・モードを選択し、スタビリティ・コントロールをカットすれば、なかなかクールな走りを披露する。ただし、ラップタイムは1〜2秒損することにはなる。

コーナー脱出時にスロットルを開ければ、リヤは落ち着きを失い、パワー・オーバーステアに入る。そこからフロントに引っ張られて、直進へと復帰する、といった流れだ。パワー・オンで振り回すのはこの上なく楽しいが、ラップ・タイムは1〜2秒損する ‘仕組み’ である。

次に走らせたBMW M2は違った。サーキット慣れしていながら、エンターテイメントのレベルも高い。

「思い出すなかでも抜群のMモデルだ」とフランケルが口にするように、FRらしいハンドリング・バランスは素晴らしく、存分にパワーを発揮できる。ドリフトもできるが、そんなことをしなくても十分に楽しい。「暴れ回っても安全で楽しいね」とは同僚のダフの弁だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事