500psのハイブリッド・ユニットを搭載したプジョー308Rの発売を検討

公開 : 2016.11.25 04:50  更新 : 2017.06.01 00:33

ハイブリッド・ユニットを搭載するプジョー308Rを開発中で、このモデルは、フォード・フォーカスRSの強力なライバルとなりそうだ。

新しいプジョーのブランド責任者、ジャン・フィリッぺ・インパラートがAUTOCARに語ってくれたことによれば、この308Rは、308GTiよりも速いモデルになるという。

実際、市場には308GTiよりもホットなモデルが存在する場所があるのかとインパラートに尋ねたところ、「さまざまな解釈があるだろうが、現実的に308Rはそういったクルマだ。」とし、「われわれはダカール・ラリーのようなモータースポーツに関与していることからも、そのようなホット・モデルの存在を消し去りたくない。」と答えてくれた。

この308Rが、RCZの代替モデルではないようで、あくまで308の頂点に立つモデルだ。

新しい308Rは、昨年の上海モーターショーで公開された308Rハイブリッド・コンセプトで明らかにされたパワートレインを搭載する。このパワートレインは、500psのパワーと74.4kg-mのトルクを持つもの。270psの1.6ℓガソリン・ユニットと、2台のモーターを組み合わせたものだ。そのパフォーマンスは、0-100km/h加速が4.0秒という。この数値は308GTi270よりも2秒、そしてフォード・フォーカスRSよりも0.7秒速い値だ。

コンセプト・モデルでは6速のオートメーテッド・マニュアル・ギアボックスが採用されていたが、ホットハッチのユーザーは通常のマニュアル・ギアボックスを好むため、このオートメーテッド・ギアボックスがプロダクション・モデルにそのまま使用されるかは不明。

プジョーのCEO、カルロス・タバレスは、現行の308の利益の25%が、308GTと308GTiによって齎されるとコメントしている。

インパラートも、「価値に見合うモデルであれば、ユーザーは多少価格が高くでも購入してくれる。」と新しい308Rに自信を見せている。



▶ 海外初試乗 / プジョー308 Rハイブリッド・プロトタイプ
▶ 海外ニュース / 500psのプジョー308Rハイブリッド・コンセプトが上海デビュー

関連テーマ