アウディA5 3.0TDI 218 Sライン・クワトロ

公開 : 2016.12.02 05:30  更新 : 2017.05.29 18:13

V6ディーゼルの低出力版を積むA5は、速さもグリップも洗練度も高い。ならば、クラス最良の選択肢となるか?

■どんなクルマ?

生産終了まで好調なセールスをキープし続けた初代の後を受け、兄弟分であるA4のフルモデルチェンジに大きく遅れることなく登場した2代目A5。

ボディを拡大し、4人分のシートと容量アップしたトランク・ルームを備えるが、車両重量は60kgほど減少している。シャシーはMLBプラットフォームの最新アップデート版をベースとしており、乗り心地やハンドリングの向上も期待される。

セダンのA4とメカニズムの多くを共用するとなれば、本格スポーツ・クーペよりダルな走りになるのではないかと危惧するかもしれない。

しかし、足回りはより硬いスプリングなどを備えることで、そのルックスから期待されるスポーティな乗り味に仕立てられている。

エンジンのラインナップはA4とほぼ変わらないが、A5に2.0ℓ直4ディーゼルの低出力版(150ps)は設定されない。また、3.0ℓV6ディーゼルは、高出力版(286ps)が来年初頭に追加される予定で、それまでは、この218ps仕様のみが販売される。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事