BMW X1 xDrive18d

公開 : 2016.12.20 05:45  更新 : 2017.05.23 10:23

2.0ℓ直4以外に、日本で正規入試可能なディーゼルは、ミニ・クーパーDの1.5ℓ3気筒とX5の3.0ℓ直6。あとはすべて2.0ℓ直4なのだ。

BMWではこの2.0ℓ直4ディーゼルターボを過給圧などのチューニングを変えて ‘18d’、‘20d’、‘23d’ といった性能レベルに応じて、搭載モデルやグレードを使い分けている(さらに、ミニ・クーパーSDのエンジンもこれ)。

X1 18dの150ps/33.7kg-mというスペックは同じエンジンを同じく横置きする2シリーズ・ツアラー系とまったく共通。

ちなみに、同じエンジンを縦置きする118dでは搭載方法にちがいによるものか、最大トルクが横置きのそれよりもわずかに落とされている。

■どんな感じ?

従来のエントリーモデルである2.0ℓガソリンの18iに対して、最高出力では劣るが、最大トルクでは圧勝……というディーゼルならではの特性は、このX1でも例外ではない。

高速域での伸びこそ物足りない面がなくはないが、今回の試乗ルートとなった東京・お台場周辺を含めた実生活用途では、ディーゼルの力強さのメリットのほうが明らかに大きい。力強さとしては上級モデルあつかいの20iを上回る。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事