ミニ・クラブマン・ジョン・クーパー・ワークス

公開 : 2016.12.22 05:55  更新 : 2017.05.29 19:14

ミニはクラブマンのジョン・クーパー・ワークスに4WDを採用。パワーアップへの対応策だが、プレミアムな商品性の向上にも貢献するだろうか。

■どんなクルマ?

個性的なバリエーションを増殖させたミニは、その整理のフェイズに入り、たとえばペースマンあたりは次期モデルが用意されない模様だ。

そんな中で不思議なのは、クラブマンが生き残っていること。このブレッド・バンを思わせる拡大版ハッチバックがアテにするのは、通常の5ドアの荷室に満足できない顧客層という線の細い需要でありながら、キャラの被るクロスオーバーと共存している、というのがどうにも解せない。

さらにはここに新グレードを、それも積載性と価格のバランスから見れば著しくコスト・パフォーマンスの悪い仕様を追加するとは理解しがたい。

いかにミニが、バリエーション各車へのJCWバージョン配備にこだわっているとしても、クラブマンに興味を抱くユーザーで、なおかつ231ps+4WDのドライブトレインに魅力を感じるというひとの割合がいかほどあるというのだろうか。

英国では£29,345(427万円)というのが、6速MTモデルの価格だ。日本に導入されるとしたら500万円クラスとなるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事