“いかつい” 新顔の登場、スズキ・スペーシア・カスタムZ発売

2016.12.26

スズキは、軽乗用車のスペーシアに、大きく迫力のあるフロントマスクを特長とした新機種、スペーシア・カスタムZを設定するとともに、スペーシアシリーズを一部仕様変更し発売した。

ボンネットを高くし存在感アップ

新型のカスタムZは、ボンネットフードの位置を高くし、大型メッキ・フロントグリル、フロントバンパーなどの専用装備により存在感のあるフロントマスクの外観デザインを採用。ブラックを基調にした内装に、チタンシルバーの加飾を施すことで上質感を演出した新モデルである。

充実の装備で149万円から

さらに後席右側ワンアクション・パワースライドドアなどの快適装備を充実させたユーティリティパッケージ、前後左右4カ所のカメラで車両周辺を映し出す全方位モニター付メモリーナビ、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システムのデュアルカメラ・ブレーキサポートなどをメーカーオプション設定することで利便性と安全性を向上させた。

価格はカスタムZが1,490,400円から1,611,360円。カスタムZターボが1,598,400円から1,719,360円。


▶ 国内初試乗 / スズキ・スペーシア・カスタム

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事