マセラティ・ギブリ、車線逸脱警告など装備を充実させ発売

2017.01.16

マセラティ ジャパンは、マセラティのスポーツ・セダン、ギブリに先進安全技術ならびに新型インフォテインメント・システムを搭載し、価格を改定した。

Apple CarPlay、Android Autoに対応

今回の変更では、マルチタッチ機能付きの8.4インチのタッチコントロール式高解像度ディスプレイを装備した新インフォテインメント・システムを採用。Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応する。センター・コンソールは再設計し、オーディオの音量やインフォテインメント・システムの基本機能を操作できるダイヤル式のロータリー・コントロールを採用した。

また、ストップ&ゴー機能を備えた「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」、車両が意図せず車線を越えた場合にドライバーを警告する「レーン・デパーチャー・ワーニング(LDW)」などの先進安全技術を「ギブリS」および「ギブリSQ4」に標準装備 。さらに「サラウンド・ビュー・モニター」をオプションで設定する。

価格は、最高出力350psのギブリが9,250,000円、410psのギブリSおよびギブリSQ4がそれぞれ10,820,000円と11,640,000円、ディーゼル・モデルで最高出力275psのギブリ・ディーゼルは9,430,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×