レクサスIS300h

公開 : 2017.01.20 05:55  更新 : 2017.05.29 19:23

外観とメカニカルが改められ、ドライバーとクルマの一体感が増した。が、ライバルと比べると改善すべき点が残っている。

■どんなクルマ?

小さなエグゼクティブ・サルーンの出来栄えは、そのメーカーのイメージに直結しやすい。なぜなら、もっとも買いやすいサイズだからだ。

ジャガーXE、BMW 3シリーズ、アウディA4、メルセデス・ベンツCクラス……。どれを見ても、各メーカーが本気であることがわかる。

われわれは、レクサスの内装クオリティや洗練性、ひと目を引く外観を、わりにポジティブにとらえている。だからこの最新型にも期待をしている。

最新型は、フル・モデル・チェンジではなく、前後のライトやエア・インテーク、スピンドル・グリルなどが小変更されたもの。インテリアも昨年のモデルからあまり大きく変わっていない。

特筆すべきは、苛立たしい気持ちになったインフォテイメント・システムが変更を受けた点。7インチから10.3インチの拡大され、解像度があがった。

関連テーマ

 
最新試乗記