フォード・フォーカスRSマウンチューンFPM375

公開 : 2017.01.24 05:40  更新 : 2017.05.29 18:53

サウンドもひと味違う。スロットルを戻した際に、リサーキュレーション・バルブが余剰ブースト圧を解放するときのヒス・ノイズは一段と大きくなり、エンジン音は間断ない破裂音やチリチリと爆ぜる音に遮られる。

また、試乗車には未装着だったが、マウンチューンでは£1,050(15万円)のマフラーなど、更なるアップグレードパーツも用意している。もちろん、それらもメーカー保証の対象だ。

サスペンションはノーマルのまま。そのため、ハードに攻め込むと、まずは安心感のある若干のアンダーステアを示し、そこから頑固なまでのニュートラルを経て、扱いやすいオーバーステアへと転じる。

乗り心地もまたノーマル同様に硬い上下動を感じさせ、やや疲れを覚えることもあるが、それもこのハンドリングの代償だと思えば、目をつぶって然るべき些細な問題だろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×